東京リベンジャーズは小学生・子供が見ても大丈夫?映画・漫画に年齢制限はある?

実写映画化もされて人気の漫画「東京リベンジャーズ」

アニメ放送もされていますね!

大人も楽しめる「東京リベンジャーズ」ですが、喧嘩で血を流すシーンも多く、小学生くらいの子供が見ても大丈夫なのか、心配になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、「東京リベンジャーズ」を子供が見ても大丈夫なのか、映画や漫画・アニメに年齢制限はあるのかについて調査していきます。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズは子供(小学生)が見ても大丈夫?

「東京リベンジャーズ」は喧嘩のシーンが多くて子供に見せて大丈夫なのかと、心配になるシーンが度々ありますよね。

小学生くらいの子供が見ても大丈夫なのか調べていきます。


 今ならAbemaマンガで100冊まで半額で読めます!!
映画化・実写化・アニメ化で話題のマンガを読める 【Amebaマンガ】

映画「東京リベンジャーズ」PG12とは

PG12とは、12歳未満(小学生以下)の子供は、保護者の助言・指導が必要で、鑑賞する際には、保護者の同伴をお願いしている作品になります。

保護者の助言・指導が必要というだけで、12歳未満(小学生以下)の子供が見ていけないとはなっていません。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『ブレイブ -群青戦記-』なども PG12の作品となっていました。

「東京リベンジャーズ」は子供向けではない?

映画では、12歳未満(小学生以下)の子供が見てはいけないとはなっていませんが、喧嘩のシーンなども多く小さな子供向けの作品ではないですね。

ですが、小学生の子供たちも楽しめる作品ではあるようです。

実際、我が家の小学5年生と小学3年生の子供たちは真剣に見ています!

タイムリープによって現代と過去を行き来するので、伏線も多く頭を使うし、一緒に楽しめていますよ。

子供が見ても大丈夫?と心配している保護者の声

実際に「東京リベンジャーズ」を子供が見ても大丈夫なのか、心配している保護者の声をSNSから紹介していきます。

子供たちには見せたくないという声もありますね。

喧嘩のシーンも多いですが、大切な人や仲間を守るお話のためストーリーが理解できる年頃になれば見ても問題ないと思います!

何事も諦めないで立ち向かう姿勢や、仲間を思いやれる心が育つかもしれませんね!

映画・漫画・アニメ「東京リベンジャーズ」に年齢制限はある?

「東京リベンジャーズ」は、映画・漫画・アニメともに年齢制限がありません。

ですが、映画だけは12歳未満(小学生以下)の子供の場合、保護者の同伴が必要になります。

喧嘩で流血するシーンが多いので、見せるか見せないかは保護者の判断になると思います。

小学生くらいまでは保護者の方と一緒に見るのがいいかと思います!


 今ならAbemaマンガで100冊まで半額で読めます!!
映画化・実写化・アニメ化で話題のマンガを読める 【Amebaマンガ】

まとめ

『東京リベンジャーズは小学生・子供が見ても大丈夫?映画・漫画に年齢制限はある?』と題して書いていきました。

映画はPG12のため、12歳未満(小学生以下)の子供の場合、保護者の同伴が必要となりますが、アニメ、漫画には年齢制限はありません。

映画は保護者が同伴すれば小学生以下の子供でも見ることができますし、漫画・アニメに関しては誰でも読むことができます。

あとは保護者の判断になりますね。

「東京リベンジャーズ」は、何事も諦めないで立ち向かう姿勢や、仲間を思いやれる心を学ぶことが出来るので、個人的には内容を理解出来るようになれば、見ても大丈夫だと思います!

家族で楽しく見るのがいいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました