東京リベンジャーズ・トリガーは誰?マイキーの次3人目は誰か考察!

今人気の漫画「東京リベンジャーズ」

204話でタケミチの新たなトリガーがマイキーであることが判明しましたね。

今回は、 今までのタケミチのトリガーについてと、3人目となる次のトリガーについて解説していきます。

スポンサーリンク

「東京リベンジャーズ」トリガーは誰?

「東京リベンジャーズ」のトリガーは誰か、過去・現在について紹介していきます。

 

1人目のトリガーはナオト

1人目のトリガーはナオトです。

1話目から、新たなトリガーが判明する204話までタケミチと共にヒナの死の過去を変えるべく奮闘してきた人物でもあります。

ヒナを助けたいタケミチと同じく、姉であるヒナを助けたいナオトの思いが影響しあってタイムリープが起きたのだと考えられます。

しかし、タケミチがタイムリープしているのにも関わらず、ナオトはなぜタイムリープの影響を受けていないのかなど、様々な謎がありますね。

そのため、東京リベンジャーズの最終的な黒幕として挙げられることがある人物でもあります。

2人目のトリガーはマイキー

2人のトリガーはマイキーです。

204話でタイムリープのトリガーであることが判明しました。

ですが、12年前にもどったナオトとは違い、マイキーとのタイムリープでは10年前に戻ってしまいます。

マイキーを助けたいタケミチと、自分の黒い衝動から助け出してほしいと心から願うマイキーの思いが影響しあったのだと考えられます。

10年前に戻ったため、タケミチは高校2年生までタイムリープし、マイキーは東京卍會を解散したあと三途春千夜と九井一を引き連れ、関東卍會を結成しています。

207話でこれらの描写が描かれており、『最終章開幕』と書いていることから、マイキーが最後のトリガーである可能性も考えられます。

関連記事:東京リベンジャーズタイムリープを知ってる人は誰?タケミチの仮死状態についても

マイキーの次、3人目のトリガーは誰か考察!

マイキーの次となる、3人目のトリガーは誰なのか考察していきます。

 

松野千冬(まつのちふゆ)

1人目の候補は松野千冬です。

場地圭介の救出のときからタケミチとともに行動し、壱番隊隊長となったタケミチを副隊長として支えている人物です。

私の意見ではありますが、松野千冬がトリガーである可能性は低いと考えられます。

以前のタイムリープでも稀咲鉄太に殺されたり意外と殺されることに躊躇がない人物です。

仮にトリガーであるなら、初対面の45話から現在の連載218話までに伏線が張られているはずです。

ですが、今までの物語を見返してみてもそのような描写は見られません。

さらに、トリガーとなる人物はタケミチのように心から助けたい、助けてほしいと願う人物です。

千冬がそのように考える人物は場地圭介しか考えられませんが、場地圭介は血のハロウィンで命を落としています。

12年前より過去にタイムリープできる根拠があれば、千冬がトリガーの可能性は考えられますが、そのような描写や設定は描かれていません。

よって千冬がトリガーである可能性は低いと考えます。

鶴蝶(かくちょう)

2人目の候補は、鶴蝶です。

鶴蝶とタケミチは小さいころからの幼馴染であり、小学2年生のころ鶴蝶が転校してから音信不通になってしまいました。

鶴蝶は転校し横浜の孤児院で黒川イザナと出会い、イザナとともに歩むことを決めました。

鶴蝶も私の意見ではトリガーになる可能性が低いと考えます。

鶴蝶が仮にトリガーとなれば心の底から救いたい人物がいるはずですが、おそらく黒川イザナだと考えられます。

しかし、黒川イザナは関東事変での東卍と天竺の抗争で命を落としています。

現在黒川イザナが生きていて闇堕ちしている場合(現在のマイキーのような状態)であるならば、過去に戻ってイザナの闇堕ちした原因を取り除いてあげたいという強い意志のもと、トリガーたる人物として考えられます。

ですが、闇堕ちしたのが過去でありイザナはもう命を落としてしまっていることから、トリガーの要素として考えられないと思います。

そしていま鶴蝶は寺野サウス率いる六破羅単代の主席に身を置いています。

天竺でイザナを失った後なので、他の目的があるかもしれません。

瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)

最後の候補は瓦城千咒です。

瓦城千咒は212話から登場し、梵(ブラフマン)のトップであり、女の子です。

私は瓦城千咒がトリガーになる可能性があると考えています。

女の子でありながら常人離れの身体能力を持ち、梵は東京の勢力図を3つに分断するほどの力を持つ愚連隊であるため、かなり強いことがわかります。

その幹部には初代黒龍の創設メンバー3人を引き連れており、マイキーの兄・真一郎の代わりとして抜擢されたのかもしれません。

どこかマイキーと風貌が似ている彼女ですが、マイキーと血縁関係をもっているわけではなく、梵のナンバー2・明石武臣、関東卍會の三途春千代の妹であることが216話で明らかになっています。

いま、なぜ妹である瓦城千咒をトップに据えたのかなどが描かれておらず、どういう立ち位置でストーリーに登場したのかがわかっていません。

ですが、何もわかっていないからこそ、いずれタケミチの前に現れた理由などが明らかになったとき、タイムリープの3人目のトリガーとしての役割を果たすのではないかと考えています。

そのため、可能性は決して高くはないのですが、千冬や鶴蝶より可能性があると思います。

まとめ

『東京リベンジャーズ・トリガーは誰?マイキーの次3人目は誰か考察!』と題して書いていきました。

まとめると、

  • これまでのトリガーはナオト、マイキー
  • 3人目のトリガーとしてもっとも考えられるのは瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)

現在東京リベンジャーズは最終章に突入しており、タイムリープやトリガーなどのあらゆる謎が解明されると思います。

タケミチが過去のマイキーを救った後、どうなるかがとても楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました