名探偵コナン【緋色の弾丸】最後の結末や犯人ネタバレ!ラストの感想についても

劇場版「名探偵コナン 緋色の弾丸」が2021年4月16日から公開しました。

赤井一家が初の集結ということでも注目を集めた作品!

今回は、緋色の弾丸の犯人、最後の結末を含めたネタバレを紹介していきます。

では、簡単なあらすじも交えて伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

「名探偵コナン 緋色の弾丸」あらすじ

4年に1度開催される世界的なスポーツの祭典「WSG」。

東京開催を記念したパーティーで園子の父、財閥会長の史郎が拉致されてしまう。

実は、15年前にもWSGのスポンサーを狙った事件がアメリカでも起きていた。

コナンは模倣犯を疑い始める。

コナンが赤井や、FBIと次に狙われそうなターゲットをマークしていると世良真純が現れるが・・。

赤井、世良と、あの危険すぎる一家が集結!事件の行方は?

「名探偵コナン 緋色の弾丸」ネタバレ

「名探偵コナン緋色の弾丸」のネタバレです!

簡単な内容を含めながら説明していきます。

オリジナルキャラクター

緋色の弾丸に登場するオリジナルキャラクターについて紹介していきます。

石岡エリー リニアスタッフで客室担当
井上治 リニア開発チーフエンジニア
白鳩舞子 日本WSG協会広報
ジョン・ボイド 自動車会社CEO兼社長
アラン・マッケンジー 国際WSG協会会長
物語の鍵を握るキャラクターたちです。

園子の父である史郎が拉致されてしまう

WSGのスポンサーが集まるパーティー中に停電が起きる。

約30秒の停電後、園子の父で財閥会長の史郎がいないことに気づく。

会場内に並べられた食事ワゴンで不自然に空いている場所がある。

コナンは、犯人はこのワゴンに史郎を乗せて運んだと推理。

ここで活躍したのが元太!!

なくなったワゴンの料理はウナギの蒲焼きとタレで蒸したおこわ飯。

警察官並の嗅覚でワゴンを探し出します。

ワゴンの近くの戸棚に閉じ込められていた史郎を見つけ出す。

恒例の阿笠博士クイズ

映画でお馴染みの阿笠博士クイズです。

真空超電導リニア、すでに乗っているのは誰?3人の内誰でしょう?

①弁護士 ②医師 ③宣教師

ヒントは、超電導リニアには、すごく強い磁気、超電導磁石が載っている。
それを弁護士、医師、宣教師を言い換え、法律家、医者、伝道師にする。

答えは③宣教師。宣教師を言い換え伝道師(電導師)

ジョンが誘拐されてしまう

ジョン・ボイドは、WSGのスポンサーで自動車会社のCEO兼社長。

次に狙われる可能性が高く、毛利小五郎やSPが護衛していました。

リニアに乗るために健康診断を受けている一同。

そんな中、急に病院内に白い煙がすごい勢いで流れてくる。

灰原は、「爆発じゃない。これはクレンチ」とコナンに伝えるが、コナンと共に意識がなくなり倒れてしまう。

意識を取り戻したコナンだが、ジョンが拉致されていることに気づく。

しかしコナンは、ジョンに発信器をにつけていたので、赤井と協力しながら追跡する。

意識を失ったジョンは歩道橋の柵にもたれかかるように座っていた。

犯人は、なぜこんなわかりやすい場所に人質を?
コナンは、「犯人が殺すつもりがないからだよ」

アランの誘拐

アラン・マッケンジーとは、WSG協会の会長。

毛利小五郎が食事をしていると、アランがいないと知らせが来る。

同じくコナンにもアランがいないと知らせが届く。

犯人の車両を見つけた赤井からコナンに連絡が入り、新名古屋駅に向かうことに!

わかったのは犯人が男ということ。

コナンの中で様々な情報が渦を巻く!

15年前の拉致事件
当時のFBI長官はアラン
犯人とされた石原はえん罪の可能性は?

コナンは赤井に「万一の時が来てしまったみたいだ」

決戦はリニア

誘拐事件の影響により無人で発進することになったリニア。

発進直前にコナンと世良真純は、群衆の隙間からリニアに乗り込む。

リニアでアランのペンを見つける。

アランがこぼしたと思われる栄養ドリンクをコナンの腕時計のブラックライトでたどりアランの居場所をつきとめる。

アランは車掌室の中にトラックケースで閉じ込められた状態で発見。

コナンはみんなに説明を始める「アラン会長はクエンチが起きたときにジョンさんと一緒に拉致されたんです。」

世良真純は続けて「もう僕たちは犯人がわかっているけどね。」


 

「緋色の弾丸」犯人と最後の結末について

それでは犯人と結末について紹介していきます。完全ネタバレになります。

犯人はリニアの中に

犯人はWSG広報担当の白鳩舞子でした。

コナンはリニアの乗車予定だった全員に電話を鳴らします。

犯人は病院でクエンチを起こした際に磁気のせいで携帯が故障したと思ったからです。

無人のはずのリニアになぜか白鳩舞子は乗っています。そして白鳩の携帯は壊れて鳴りません。

さらに白鳩舞子は15年前の拉致事件の犯人、石原誠の娘でした。

白鳩舞子という名前は石原誠のアナグラムになっている。

「シラハトマイコ」の名前を入れ替えると「イシハラマコト」になる。

犯行理由は、えん罪で捕まったと思っている父の恨みを晴らすため。

アランを殺そうと犯行に至ったが、赤井の狙撃を受け捕まる。

もう1人の犯人は?

犯人はもう1人います。

その犯人は、リニア開発のチーフエンジニアである、井上治。

井上が犯人と気づいたのは、リニアが遠隔操作された時。しかも世良が白鳩舞子に蹴りを繰り出そうとしたときで、犯人がピンチの時に起きた不自然な遠隔操作だったこと。

そんなことが出来るのはリニアの中がリアルタイムで見れるエンジニアだけだ。

灰原が井上のタブレットを奪い取り遠隔操作できるソフトを見つけ、証拠を突きつける。

犯行理由は、15年前の事件で関わった日本人は2人だけ。1人は、石原誠。2人目が井上の父親。

井上の父親は、15年前の拉致被害者。WSGのスポンサーだったが拉致事件のせいでスポンサーを辞退するとアメリカ中から非難を浴びることに。

井上は「この事件ですべてを失ったんだ!!」

井上自身も犯人についてFBIに証言するも、聞いてもらえず、FBIが握りつぶしたと思ったのが恨みに繋がった理由。

「緋色の弾丸」最後の結末について

犯人2人がわかったが、犯人の1人である井上治がリニアを遠隔操作し、リニアのスピードを上げる。

井上はスタンガンを使い逃げる。

逃げた井上を追うのは、赤井秀一とFBIと羽田秀吉。

羽田秀吉の将棋のような詰め方で、井上の確保に成功する。

一方リニアに乗っているアランを狙い、井上は、リニアごとアランを殺しにかかる。

運転席の操縦も出来ない状態だが、コナンのキック力増強シューズでヘルメットを蹴り、リニアの車体を浮き上がらせ、さらに、一気に膨れ上がるサッカーボールを出し、なんとかリニアを停めることに成功する。

車体はボロボロだが、コナンたちは奇跡的にかすり傷程度で済む。

「緋色の弾丸」ラストの感想

緋色の弾丸についての感想をまとめていきます。

ラストが凄すぎて呼吸を忘れる
・感動のラストでした
・緋色
弾丸、最高を更新してしまった。
・最初から最後まで分かりやすくて面白かったしそれぞれ見せ場が多くてずっと釘付けだった。
・とりあえず赤井ファミリー最強。そして、哀ちゃんが大活躍
・名古屋が舞台で、知ってる景色が 沢山出てくるこりゃ楽しいわ~
・面白さ倍増! そして初めてコナン見てウルッとしてしまいました。

見所がたくさんあり過ぎて困るくらい面白い作品です。

ラストシーンでは、リニアが吹っ飛び車体も分裂するほど粉々なのに、コナンたちはかすり傷程度で済むって奇跡ですね。

やはり赤井秀一にはシビれましたね!白鳩舞子を狙った射撃とか意味不明レベル!

赤井の母である、メアリーのシーンが少なくて残念でした。

まとめ

劇場版「名探偵コナン 緋色の弾丸」の犯人のネタバレ、最後の結末や感想について紹介してきました。

犯人は2人いて、1人目がリニア開発チーフエンジニアの井上治。2人目が日本WGS協会広報の白鳩舞子でした。

赤井一家も集結し、見どころだらけの作品になっていました。

赤井秀一と黒い組織との関係性やメアリーの謎は明らかになりませんでしたね。

やはり謎は続きますね!

今後のコナンシリーズに目が離せません!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事:緋色の弾丸はつまらない・最後が微妙でひどい?エンディング後についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました