ノケモノたちの夜の最終回ネタバレやあらすじ!結末の感想や伏線・謎について

今年からアニメ化が始まったノケモノたちの夜。

今回はノケモノたちの夜の最終回のネタバレやあらすじ、結末の感想や伏線に謎について解説していこうと思います。

ノケモノたちの夜の最終回のネタバレやあらすじがどんな感じなのか、結末の感想や伏線に謎について知りたい人は多いのではないでしょうか。

解説していきます。

「ノケモノたちの夜」の最終回ネタバレやあらすじ!

まずはノケモノたちの夜の最終回のネタバレやあらすじについて解説します。

果たして、どんなネタバレとなっていて、あらすじをしているのでしょうか!?

7巻までのあらすじ

まずは7巻までのあらすじについて解説します。

 

舞台は19世紀ロンドン。

強い魔力を持つ悪魔であるマルバスは自身の事を見る事が出来ていた人間の少女ウィステリア・ラングレイと出会い、他愛ない会話をしていき、友好を深めます。

そんなある日、ウィステリアが地主貴族に捕まって連行されそうになった時、マルバスは助けようとするも契約を結んでいなかったので、左腕を消失してしまったのです。

 

ウィステリアはマルバスを助けようと自身の眼を契約として差し出し、それによって契約成立となるも彼女は目を失いました。

そしてウィステリアはマルバスと世界の色々なものを見る旅に出る事になったのです。

 

同時期に、大英帝国で唯一の悪魔討伐部隊である銃剣騎士団が動き出そうとしていて、その中にはウィステリアと生き別れの兄のスノウ・ラングレイもいました。

2人は色んな人間や悪魔と出会い、交流しながら追跡してくる剣十字騎士団との戦いに身を投じる事になっていったのです。

最終巻のネタバレ

次は最終巻のネタバレについて解説します。

 

ウィステリアはマルバス達が契約者を得たのに対し、自身はそれをしていないから置いていかれた気分がして嫉妬したシトリが策謀に嵌められたのです。

それは兄のスノウか契約者のマルバスのどちらかを選ばないといけないと言うものでした。

この試練に対してウィステリアは懸命に立ち向かい、抗った結果、シトリの思惑を超える活躍を果たして2人を助ける事が出来ました。

 

一方でルーサーとダンタリオンの方も蹴りがついたので、全てが終わったのです。

後日、ウィステリア達はピクニックを楽しむために湖水地方へと向かう事になりました。

シトリに関しては皆色々思うところがあったものの、それでも今はピクニックを楽しむ事にしたのです。

 

そして食事をする中で、ウィステリアとマルバスは出会いから現在に至るまでの物語を思い出します。

思い出していく中で2人はお互いに必要な存在である事を自覚。

 

その後、ウィステリアとマルバスは夜道を歩きながら何処かへと向かうところで物語は幕を閉じたのです。

最終回のタイトルの意味

次は最終回のタイトルの意味について解説します。

 

最終回のタイトルですが「You mean the world to me.」となっているのです。

このタイトルの意味は「私にとってあなたが全てです。」「あなたは私にとってかけがえのない存在です。」を意味しています。

 

これはウィステリアとマルバスの関係を示していて、実に最終回に相応しいタイトルとなっているのです。

「ノケモノたちの夜」結末の感想や伏線・謎について


次は結末の感想や評価、伏線や謎等について解説します。

果たして、どんな感想や評価になっていて、どんな伏線や謎があったのでしょうか!?

結末の感想や評価について

まずは結末の感想や評価について解説します。

結末の感想や評価に関してですが、割と好評となっているのです。

 

これまではマルバスに守られていたウィステリアが自らの意思でマルバスを助けようとするくらい成長したとか、2人の幸せそうな様子が良かったとか、凄くらしい終わり方とかと良い評価をされました。

中には続編を期待している声もあるので、それだけ楽しみにしていた読者も多かったのでしょう。

回収されていない伏線や謎とは

そんなノケモノたちの夜ですが、回収されていない伏線や謎も存在しているのです。

それは『三ッ目の悪魔』、『マルバスの過去』、『団長との決着』、『十三災』等となっています。

これらの伏線や謎はシトリとの戦いの後の物語で明かされていく予定だったのでしょうが、それが出来なかったのです。

 

理由としては作者が体調不良だったため、シトリとの戦いが終わったところで切り上げるところだったのでしょう。

この漫画が連載されていた時には様々な人気漫画があったので、弾き出されたとか色々な説がありますが、恐らく上記の理由が主だったのだと思います。

完結後の特別連載の内容まとめ

1月8日に小学館のサンデーうぇぶりでは「ノケモノたちの夜 フレイムナイト」が連載される事になりました。

その内容はマルバスの過去を巡る物語となっています。

 

ウィステリアやスノウと共にかつての同胞を探すマルバスだったが、その途中で以前の契約者であるオフェーリアの庭園を見つけるも、既に荒れ果てていました。

彼らは庭園の中に入り、こんなことをした元凶との戦いに身を投じる事となったのです。

まとめ

以上がノケモノたちの夜の最終回のネタバレやあらすじがどんな感じなのか、結末の感想や伏線に謎についてでした。

特別連載が始まった事からも、もしかしたら謎や伏線の事も明らかになるんじゃないでしょうか。

アニメと共に楽しみたいところですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント