騙し絵の牙はつまらない・面白くない?ラストシーン15分について

2021年3月26日公開の映画「騙し絵の牙」

原作は塩田武士さんのミステリー小説「騙し絵の牙」です。

「騙し絵の牙」は大泉洋さんをあてがきにした小説で、今回の映画化をもって完結されます。

「騙し絵の牙」は面白いという声をよく聞きますが、中には「つまらない」という声もあるようです。

今回は「騙し絵の牙」の「つまらない・面白くない」という声がなぜあがっているのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

「騙し絵の牙」はつまらない・面白くない?

「騙し絵の牙」はなぜ、つまらないという声があがっているのでしょうか。

小説「騙し絵の牙」を読んだ人と映画の予告映像を見た人の感想から、つまらない・面白くないという声について調べてみました。

映画については、公開後にまた追記していきたいと思います。

原作小説「騙し絵の牙」はつまらない?

「騙し絵の牙」の原作小説を読んだ人の感想から、どういったところが「つまらない」「面白くない」と感じているのか調べていきます。

最後のネタバラシが違和感でつまらない

最後のネタバラシの部分に対して違和感が残ってつまらないとの声がありました。

大泉洋をあてがきにした小説という珍しい本。しかし内容はかなり骨太で読み応えがあった。最後のネタばらし(裏の顔が明かされる場面)が割と急ぎ足で唐突だったので、そこが少し違和感が残った。

最後のネタバラシは大事な部分ですね。

そこに違和感が残ったのはなぜでしょう・・・。

ラストが急ぎ足で唐突に進んでいったように感じたようですね。

映画ではどのように描かれているのか気になります!

ラストが弱くて面白くない

小説のラストが面白くないとの声がありました。

映画化されるということで、今頃読んでみました。アテガキされてるので、速水は脳内で大泉洋で読み進めました。途中はハラハラしながら読めたのですが、ラストが好みじゃなかったです。
過渡期の出版業界がリアルに描かれていた。表紙や各章の扉に大泉洋のグラビアがあるのが面白かった。ドラマ化するなら、小山内さんはチームナックスの安田さんかな。最後のどんでん返し、期待しすぎてちょっと物足りなかった。

 

最も好きな俳優、大泉洋が主役ということで、久々にそ朝の5時までかけて一気読み。喋りの感じは大泉さんを意識しまくりな感じが伝わってきた。来年の映画での演技が楽しみ。けど、ラストが弱かったなぁ。映画も原作通りのラストなのかな。

ラストがいまいちという声が多く目に付きました。

最後のネタばらしの展開が早いため、物足りないや面白くない、つまらないといった感想をもつようですね。

映画の予告映像でも”ラスト15分”と流れているので、最後の展開が早そうなのが分かります。

それを面白く感じる人もいれば、つまらないと感じる人もいるようです。

舞台が地味でつまらない

「騙し絵の牙」の舞台は出版社。

舞台についてつまらないと思った人もいるようです。

最初から最後までハマらず…。出版業界の話だけど、あんまり興味を持って読めなかったなー。面白かったという感想が多いけど、わたしにはどこが面白いかよくわからなかった。
大泉洋当て書きということで興味を持って読む。アドリブの頭の回転の早さはそれっぽい。が、不倫描写で気持ちが悪くなり読み進まない…こんなの洋ちゃんじゃないし。出版不況は作家にとっては切実だろうが、正直地味で盛り上がらない。ラストもいまいち。
舞台が出版業界ということで、あまり興味を持って読めなかったとの声がありましたね。
出版業界について知らない人でも楽しめるとの声もあったので、一概には言えませんが・・・。
塩田さんが4年に渡り取材をして執筆した「騙し絵の牙」。
出版業界が舞台になっているものはあまりないようなので、読んだことがない人は一度読んでみるのもいいですね。

映画「騙し絵の牙」はつまらない・面白くない?


映画「騙し絵の牙」の予告映像を観て「つまらない」「面白くない」など残念な印象をもった人がいることがわかりました。

SNSでの声を一部紹介していきます。

衝撃のラスト15分!予告はハズレ説

映画「騙し絵の牙」の予告映像で、「衝撃のラスト15分」というワードがあります。

この「ラスト15分」のワードに対して残念な印象を受けた人がいることが分かりました。

SNSの声を一部紹介していきます。

映画の予告映像で流れている「ラスト15分」に対して、つまらないや残念の声があがっていますね。

確かに芸人さんがやるフリのようです。

「ラスト15分」を流さない方が、映画を観た人からラストが面白かったなどの声があがりそうですね。

ラストに自信があるからこその”ラスト15分”のフリなのでしょうか。

大泉洋に期待しすぎるとつまらない?

小説のあてがきになっている大泉洋さんが、映画の主演を務めるということで、期待値が上がりますよね。

映画の公開はまだなので、期待通りの作品になっているのか楽しみです!

小説を読んだ人の感想を少し紹介します。

やはり大泉洋さんに期待しているとの声がありました。

大泉洋さんの期待値に対してつまらないとの声はなさそうです。

私も大泉洋さんに期待している1人です!

公開が楽しみですね!

映画公開後に期待通りの作品になっていたのか調べて追記したいと思います。

映画「騙し絵の牙」ラスト15分のシーンについて

「騙し絵の牙」の予告映像でもあるようにラスト15分のシーンには一体何が待っているのでしょうか。

予告映像では、

「クセモノ勢ぞろい」

「騙し合いバトル」

「全員ウソをついている!」

「衝撃 ラスト15分」

と強烈なワードがたくさん登場していて、内容が気になりますよね。

やっぱり本物のウソつきは大泉洋演じる速水でしょう。

映画には原作にはいない登場人物がたくさん出ているので、どんなラストになっているのか想像が付きません。

騙されないように観ていきたいですが、やっぱり騙されてしまうのでしょうか。

「ラスト15分」とこれだけ言っているからには原作以上の騙しがあると思います!

ラスト15分、見逃すことがないように集中して観ないといけないですね。

公開まで楽しみに待ちたいと思います。

まとめ

「騙し絵の牙はつまらない・面白くない?ラストシーン15分について」と題して書いていきました。

「騙し絵の牙」の”つまらない”という声からは、ラストを残念に感じてしまっているようでした。

予告映像の”ラスト15分”のワードもつまらなくさせてしまっているようです。

”ラスト15分”というワードから、ラストのシーンに期待する声もあるので、観る人によって捉え方の違いもありますね。

映画の公開を楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事:【騙し絵の牙】映画と原作小説の違いは?登場人物や設定が違う?

関連記事:映画【騙し絵の牙】相関図からキャストや役どころ・登場人物まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました