無職転生はつまらない・気持ち悪い?ひどい・やばいシーンや胸糞わるいまとめ

無職転生は日本に住む34歳無職の主人公が交通事故で死に、次に目が覚めたときは異世界にいたという転生ファンタジー。

無職の落ちこぼれから今度は素晴らしい人生を送る!という意気込みが感じられる物語ですが、一部からはつまらない・気持ち悪いという意見が聞こえてきます。

そこで今回は無職転生はつまらない・気持ち悪いのか、ひどい・やばいシーンや胸糞わるいという意見まで詳しく見ていきましょう。

「無職転生」はつまらない・気持ち悪い?

現代日本から魔法の世界へと転生し、主人公であるルーデウス・グレイラットの第二の人生を描いた無職転生。

魔法の先生やエルフなど、これぞ異世界!という作品ですが、内容がつまらない・気持ち悪いという声が。

一体なぜそのように言われているのでしょうか。

原因を見ていきましょう。

無職転生アニメはつまらない?

1つ目の原因は「アニメがつまらない」ということ。

その大きな理由は異世界転生系のストーリーです。

異世界転生系のストーリーは人気が高くファンも多い作品。

 

しかし一方で、よくあるストーリーであるため異世界転生系は飽きた・つまらないと思われているようです。

無職で34歳が事故死した後、魔法の世界でその能力を開花させる。

異世界ファンにとってはありきたりで流れや結末が分かりすぎるのかもしれませんね。

学園編がつまらない

2つ目の原因は「学園編がつまらない」です。

転生し魔法が使えるなら、どうしても求めてしまうのはスリル満点の冒険ですよね。

様々な危険にあいながらも自身の実力を試し高めていく。

そんな転生ストーリーを期待していただけあって、学園編がつまらないという意見が多くでてしまったようです。

魔法大学編がつまらない

3つ目の理由は「魔法大学編がつまらない」

そもそも無職転生は物語の展開が遅いと言われており、盛り上がりが足りないとされてきました。

そしてそんな展開の遅さに更に拍車をかけたのが魔法大学編です。

 

「魔法大学編は中だるみ」「つまらないから端折ってほしい」など展開の遅さプラスでつまらないと言われているようです。

 

私個人としてはルーデウス・グレイラットが人間として成長できる大事なシーンだと思っているので、魔法大学編は面白いと思いました。

アニメが気持ち悪い

無職転生のアニメを見て頂くと分かるかと思いますが、途中途中で気持ち悪いと思えるシーンがいくつか出てきます。

両親のラブラブシーンやルーデウス・グレイラットの女性を見た時のニヤッとした顔など。

 

下ネタや恋愛系が苦手な人にとっては気持ち悪いと感じてしまうのかもしれません。

 

ですが私のお気に入りはアニメ1話のルーデウス・グレイラットがパンツを頭からかぶっているシーン。

メイドのリーリャは怖がっている様子でしたが、私は少し可愛いなと感じました。

「無職転生」ひどい・やばいシーンや胸糞わるいについて

無職で34歳の主人公が親の死をきっかけに家を追い出され事故に遭い死亡。

異世界に転生するという何とも複雑なスタートをきった無職転生。

そんな無職転生にはいくつかひどいシーンややばいシーンがあります。

詳しく見ていきましょう。

ひどい・やばいシーンまとめ

無職転生がひどい・やばいと言われる大きな要因は主人公の転生前にあります。

 

34歳いい大人でありながらも仕事はせず、親に頼っての生活。

床ドン一つでご飯が運ばれるという状態を20年も続けていました。

 

更には両親が亡くなった時でさえも葬儀には出席せず、部屋でカップ麺を食べるという始末。

いくらこれから転生するとはいえ、衝撃すぎるシーンですよね。

 

加えて転生前の中身は残ったまま。

ルーデウス・グレイラットとして生まれ変わったとしても意識は34歳のニートのまま。

女性に対してのいやらしい目線や言動がひどいと言われているようです。

 

確かに子供のするような表情ではありませんよね。

女性読者や視聴者にとってはぞわっときてしまうシーンなのかもしれません。

生々しいしイライラする

無職転生といえば生々しいシーンが多いのが特徴的。

例えば一夫多妻制度。

 

ルーデウス・グレイラットが転生した世界では一夫多妻は当たり前。

そのためルーデウス・グレイラットも3人の女性と結婚し子供が6人います。

異世界とはいえかなり生々しい設定ですよね。

 

他にもルーデウス・グレイラットの母親が第二子妊娠中に、父親がメイドと不貞を働き、何とそのメイドが妊娠。

異世界アニメにはあまりにもそぐわない生々しいシーンでしたね。

 

一夫多妻に浮気などかなりイライラさせる内容が多いと読者の間では不評のようです。

下品で胸糞悪い?

無職転生の内容が下品で胸糞悪いと言われている様子。

一体どこに下品で胸糞悪いと感じるシーンがあったのでしょうか。

 

まず下品といえばルーデウス・グレイラットとその父親ですよね。

ルーデウス・グレイラットに限っては中身が前世の34歳のおじさんなので、女性に対してのいやらしい考えがかなり下品。

そして父親も奥さんだけではなくメイドにまで手を出すなど、かなり下品で胸糞悪い親子ですよね。

 

ですが無職転生自体の内容は面白く、逆にその下品さが面白いという意見も。

不評だと言われていた意見をポジティブに考える読者もいるようで、やはりアニメの世界は奥が深いなと感じました。

まとめ

今回は無職転生はつまらない・気持ち悪いのか、ひどい・やばいシーンや胸糞わるいについて紹介していきました。

無職転生は「小説家になろう」で発表されてから書籍版の小説がリリース、漫画化やアニメ化など人気は高い作品です。

それゆえ良い意見もあれば悪い意見があるのも当然ですよね。

ちなみに原作だと下品な要素はかなりマイルドになっているようなので、もし気になる方はアニメのご視聴をオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント