青学大『佐藤一世』5000mの記録は?中学高校の成績まとめ

青山学院大学の新戦力ルーキー佐藤一世選手。

11月1日に行われた全日本大学駅伝では5区を走り、35分47秒の区間新を樹立されています。

今回の佐藤一世選手の走りには原晋監督も満点の評価を与えたようです!

原晋監督認める期待のルーキー佐藤一世選手について書いていきたいと思います。

・佐藤一世ってどんな人?
・過去の5000mの記録は?
・中学高校での成績は?

青学大『佐藤一世』5000mの記録は?中学高校の成績まとめ」と題して進めていきます。

スポンサーリンク

佐藤一世のプロフィール

名前:佐藤一世(さとういっせい)
生年月日:1998年5月8日
身長:162cm
体重:44kg
出身地:千葉県松戸市
出身中学:松戸市立小金中学校
出身高校:八千代松陰高等学校

身長、体重については高校1年生のときの情報なので、今は少し変わっているのかもしれません。

小柄な体型なので長距離選手としては理想的な体型といえそうですね!

陸上を始めたきっかけは、小学校のマラソン大会でいい結果を残せて、顧問の先生に『陸上をやってみないか︖』と誘われたからのようです。

佐藤一世今までの5000mの記録は?

高校時代の5000m自己ベストは「14分20秒23

大学1年の春先の5000mタイムトライアルは「13分48秒

自己ベストを大幅に更新しています!

佐藤一世選手は自身でも「青学の先輩に食らいついていったら、自己ベストを更新できました」と語っています。

このトライアルの後、緊急事態宣言が出てしまい、例年通りのトレーニングができなくなってしまいました。

ですが自主トレーニングの成果からか、2020年10月最新の5000m記録は「13分55秒60という記録を残しています。

13分台をキープしていますね!

佐藤一世の中学高校の成績まとめ

佐藤一世さんの中学時代、高校時代に活躍された大会の成績について紹介していきます。

松戸市立小金中学校時代の成績

中学生の頃はサッカーが好きで、サッカー部に入部されたそうです。

ですが、小学生の頃から陸上を誘われていただけあって、いつからか駅伝メンバーを引っ張るエースとなります。

2014年 千葉県中学校新人体育大会陸上競技大会1500m 2位
2015年 千葉県中学校新人体育大会陸上競技大会3000m 3位
2015年 第69回東葛飾地方中学校駅伝競走大会 優勝4区
千葉県中学校駅伝競走大会 第3位 3区 区間賞
関東中学校駅伝競走大会 第4位 4区 区間3位
全日本中学校陸上競技選手権大会 3000m 出場
千葉県中学校駅伝競走大会 第 7 位 4 区 区間賞

中学3年生の時に出場した県記録会3000mでは、8分58秒台で走る好タイムを記録しています。

八千代松陰高等学校時代の成績

八千代松陰高等学校に進学を決めた理由は、都⼤路に出場できる可能性のある⾼校を選んでいく中で決めたようです。

目標を決めて進学していて素晴らしいですね!

2017年 千葉県高校新人陸上 5000m1位
2018年 全国高校駅伝 1 区 2 位
2018年 全国都道府県駅伝 5 区 3 位
2019年 全国都道府県駅伝 5 区 1 位(大会MVP)
2019年 千葉県高校駅伝 1 区 1 位
2019年 全国高校駅伝 1 区 1 位(日本人最高記録)
2020年 全国都道府県駅伝 5 区 3 位

2019年の全国高校駅伝では日本人最高記録という素晴らしい成績を残しています。

八千代松陰高校ではチームトップの記録を持つスピードランナーだったようです。

2020年2月には、世界クロスカントリー選手権大会U20の部で日本代表となった実績の持ち主です!

高校時代から、肩への疲労となるので、通学時にリュックを肩に掛けない様にしていたなど日頃から色々と気をつけていたようです。

まとめ

佐藤一世選手の5000mの記録と中学高校での成績をまとめていきました。

中学生の時から数々の大会で素晴らしい成績を残していますね!

高校生になり、更に記録を伸ばし、青学での今後の活躍が楽しみです。

⻘⼭学院⼤学へ進学を決めた理由は、在学4年間に箱根駅伝で4連覇出来る可能性のある大学として選択されたようなので、それが現実となるのか、そこも楽しみです!

佐藤一世選手は在学4年間に箱根駅伝で4連覇することを目標にしています。

4連覇って簡単にできることではないので、そこを目標に掲げれるってすごいことですよね。

今後の箱根駅伝が楽しみです!佐藤一世選手の活躍に期待!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました