よふかしのうた探偵さんの名前や正体は先輩の目代キョウコ?初登場や過去・目的を解説!

夏からのアニメ放送を控えて、人気が高まっている「よふかしのうた」!

その中で、今回は「探偵さん」に注目してみたいと思います!

初登場が単行本では4巻なので、アニメでもおそらく登場することになるかと思われるキャラクターですね!

そんな探偵さんの名前や正体、そして過去、それから目的についてを順番に見ていきましょう!

スポンサーリンク

「よふかしのうた」探偵さんの名前や正体は?

それでは早速、「よふかしのうた」の探偵さんの名前や正体について紹介していきたいと思います。

探偵さんといえば、メガネをかけて、煙草を吸っている、くたびれた顔に、着古したトレンチコートと、いかにも「探偵」という格好をしているのが特徴的な人物ですよね。

ということで、その名前や素性について詳しく見ていきましょう!

 

探偵:鶯餡子(うぐいすあんこ)とは

探偵さんは、普段「鶯餡子(うぐいすあんこ)」という名前で活動をしています。

なんだかおいしそうな名前ですよね!

 

「よふかしのうた」の登場人物は名前が特徴的なので分かりにくいのですが、鶯餡子というのは探偵業をやる上での偽名です。

彼女の登場から、物語が一気にシリアスな展開に向かっていきます。

初登場時も、行方不明という扱いになっていた人物の調査中でした。

探偵さんの正体はナズナの先輩「目代キョウコ」?

探偵さんの正体は「目代キョウコ」です。

目代キョウコの初登場時はまさか同一人物だとは思わなかった方も多かったのではないでしょうか……?

確かに、メジロとウグイスはよく似ている鳥としてよく挙げられますよね。

キョウコは「杏子」と当て字をすると、「アンコ」とも読めて「餡子」とさらに漢字を当てて「鶯餡子」と名乗っていると思われます。

本名と全く別の名前を名乗らないあたり、なにか意図がありそうですよね。

 

そして、目代キョウコはかつて、ナズナの先輩だったのです。

ナズナの先輩「目代キョウコ」の過去

さて、ここからはナズナの先輩としての、目代キョウコの過去に注目していきたいと思います。

単行本10巻で判明した内容も混じっていますので、ネタバレを避けたい方はご注意ください!

 

目代キョウコは、ナズナと過去に浅からぬ交流があったことが判明しています。

ということで、ここからはナズナとの関係や、探偵さんの家族に起きたことなど、過去について、詳しく触れていきましょう!

目代キョウコとナズナの関係

では、過去の目代キョウコとナズナの関係について触れていきます。


10年ほど前、ナズナは夜間高校に通っていました。

そこで、同じ高校の全日制普通科に通って文芸部に所属していた目代キョウコと出会います。

 

そこで二人は交流を深めていきます。

一般的には友人関係と言っていい関係を築いていました。

ナズナはキョウコに眷属になることを提案しますし、キョウコもそれを受け入れています。

 

しかし、この後、目代キョウコには悲劇が起き、二人は友人のままではいられない状況になっていくのでした。

探偵さんの家族は吸血鬼に殺された

端的に言うと、探偵さんの家族は、過去に吸血鬼に殺されました。

ただ、実情は少し複雑です。

 

10年前、目代キョウコは孤独な高校生でした。

父親は不倫をしており、母親はキョウコに興味を示していなかったようです。

 

しかし、実は父親が不倫していた相手は吸血鬼で、父親は眷属にされていたのです。

そして父親が母親を吸血し、殺してしまいました。

 

さらに父親はキョウコに襲い掛かろうとしましたが、キョウコは吸血鬼の弱点に気付き、そしてキョウコは自分を守るために父親を殺してしまいました。

奇しくも、この悲劇はキョウコの誕生日当日に起きてしまったことでした。

 

この悲劇の発端は父親と不倫関係にあった吸血鬼だと、目代キョウコは考えるようになったのです。

鶯餡子の初登場は何巻・何話?

探偵さんこと「鶯餡子」の初登場は4巻36話です。

コウが添い寝屋の客引きに出かけたときに、初めて出会います!

初登場時は路上でしゃがんでタバコを吸い、ちょっと怖そうな印象。

 

探偵さんはそのとき「秋山昭人」を探していました。

”あっくん”という呼び名に心当たりのあるコウの反応に、探偵さんは何知っていると感づいたことでしょう。

探偵さん(目代キョウコ)の目的

最後に、探偵さんの目的を見ていきましょう。

これまでの大きな悲劇に遭ったからこそ、困難な生き方を選んだ探偵さんはなにを目的にしているのか?

どのように生きているのかということに触れていきたいと思います。

 

前述の通り、悲劇により探偵さんは吸血鬼に恨みを持つようになりました。

そして、一旦は姿を消し、吸血鬼の生態について研究を重ねました。

そのうえで、探偵として、吸血鬼が絡んでいる案件を追っているようです。

吸血鬼に殺されて静かな夜を作ること

目代キョウコの目的のひとつは、自分自身が吸血鬼に殺されることにありました。

 

探偵さんが殺されるという事件が起き、遺体が発見され、死因が調査される中で吸血鬼の存在が世間に明るみになり、人間が夜に出歩かず、誰も吸血鬼の被害に遭わなくなる。

そうなれば血が吸えない吸血鬼は餓死をします。

そうして静かな夜を作りたいというのが目的のひとつでした。

 

しかしその目論みは止められてしまうのでした。

吸血鬼を全滅させること

前述もしたように、目代キョウコの大きな目的は、吸血鬼を全滅させることにありました。

そのためには自分の死すらいとわない、どころか積極的に死のうとしていました。

 

しかし、その思惑は阻止されてしまいました。

そして、主人公コウは、そんな彼女に、悲劇の発端となった父親の不倫相手だった吸血鬼を探すことを提案しました。

 

かつての悲劇の真相を語れる存在はその吸血鬼だけ。

全滅させてしまえば真相は分からなくなってしまいます。

目代キョウコは新しい目的を見つけることになりました。

 

 

まとめ

今回はよふかしのうたの探偵さんの正体や過去、そして目的について見ていきました。

単行本最新刊で新たに判明した状況もありますので、今一番気になるキャラクターの一人ですよね。

吸血鬼という存在にテーマをシフトさせてくれたキャラクターだからこそ、今後の動向が気になりますね!

アニメではどこまでの内容が描かれるかまだ不明ですが、彼女がアニメでどんなふうに描かれるのか、楽しみに待ちましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「よふかしのうた」の記事一覧

よふかしのうたの漫画を全巻安く読む方法は?無料で読めるアプリやサイトについても

よふかしのうたは何巻まで続く?漫画の元ネタから最終回・完結はいつか考察!

よふかしのうた探偵さんの名前や正体は先輩の目代キョウコ?過去や目的を解説!

よふかしのうた七草ナズナの過去や正体は?年齢や身長・プロフィールまとめ

よふかしのうた10年ルールとは?吸血鬼の弱点や殺し方・特徴についても

よふかしのうた・夜守コウは半吸血鬼化?ナズナの眷属になれるのか考察!

よふかしのうた星見キクと探偵やマヒルとの関係は?過去や目的・眷属についても

よふかしのうたカブラの初登場は何巻何話?正体や過去・ナズナとの関係についても

よふかしのうたはつまらない・面白くない?海外の反応や魅力についても

よふかしのうた漫画の聖地や舞台場所は埼玉県の武蔵浦和?聖地巡礼PVについても

コメント

タイトルとURLをコピーしました