私の幸せな結婚清霞の異能や能力・部下は?美世との関係や家について

「私の幸せな結婚」は冷酷な軍人の久堂清霞と無能と虐げられてきた斎森美世の淡く美しい恋物語が魅力的ですよね。

ですがこの物語には他にも魅力が。

それは久堂清霞の華麗な異能や能力です。

他の異能者とは違い、その力を操る姿はまさにうっとりしてしまいます。

そこで今回は私の幸せな結婚清霞の異能や能力・部下は?美世との関係や家について詳しく解説していきます。

「私の幸せな結婚」清霞の異能や能力・部下は?

光輝く銀色の髪と透き通るような肌。

女性顔負けの美しい顔に、一挙手一投足がとても優雅で隙がなく、気が付けば目が奪われるほど。

そんな久堂清霞とは一体どのような人物なのか。

そして久堂清霞に従える部下とは誰なのか。

詳しく見ていきましょう。

久堂清霞のプロフィール

帝国陸軍の対異特務小隊にて隊長を務めており、階級は少佐。

名家・久堂家の当主を務める青年で、年齢はまさかの27歳。

27歳であの落ち着いた雰囲気はどこからきているのか、ますます不思議になってしまいますよね。

 

母の悪いところばかり見てきたせいで、名家の女性に対し悪いイメージしか持っていない。

普段は仏頂面をしているが、斎森美世の前だけではリラックスした表情に。

自身の容姿や財産目当てに近寄ってくる輩を避けるため、立派な久堂家本邸ではなく、質素な一軒家に使用人は一人だけ。

 

ですがどんなに古くこじんまりとした家でも久堂清霞が住めば、瞬く間に光り輝く豪邸に見えてしまいますね。

清霞の異能や能力

久堂清霞の異能は雷がメイン。

 

斎森家に誘拐された斎森美世を救出に行く際、辰石幸次が「どうするんです?
普通に声をかけても開けてもらえるかどうか・・」と心配します。

しかし久堂清霞は至って冷静に「問題ない」とだけ返事をし、次の瞬間門に強烈な雷を落とし強行突破。

これには思わず、「おお~!かっこいい!」と叫んでしまいました。

 

更に久堂清霞は雷に加え複数の異能を所持。

発火能力や水、氷の異能を使うことができます。

 

雷に火、水に氷とどれも自然界の最強な力ですね。

清霞の陸軍の部下

久堂清霞の部下は五道佳斗。

根っからのお調子者で、あの久堂清霞に対しても変わることない態度で接している。

久堂清霞に持ち場に戻れと言われた時も「へいへい了解です」と間が抜けたような返事をしていました。

 

ですが実は優れた異能の持ち主。

裏でも表でも久堂清霞を公私ともに支えている存在です。

 

そんな五道佳斗が久堂家にお邪魔した際、「鬼隊長とは別れて僕と結婚しましょう!」と斎森美世に言うシーンがありましたね。

一見斎森美世も優しさと手料理に惚れたかと思ったら、いつも久堂清霞が褒めてくれないという寂しさからきたもの。

何とも可愛い感情にほっこりさせられました。

「私の幸せな結婚」清霞と美世の関係について

帝国陸軍の隊長であり女性に対して警戒心の強い久堂清霞。

そして幼いころから使用人のように扱われ、心を閉ざし笑顔を忘れてしまった斎森美世。

この2人の関係は一体どのようなものなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

清霞と美世の出会い

久堂清霞と斎森美世の出会いは親同士が決めた、いわゆる政略結婚です。

 

初めて顔を合わせた2人はお互い笑うこともなく、久堂清霞に至っては「私が死ねと言ったら死ね」などとあまりにも冷たい言葉を投げつけていましたね。

普通の女性ならこの発言に驚き怒り、そのまま飛び出してしまうでしょう。

 

ですが斎森美世は悲しくもこのような言葉に慣れてしまっているようで、動じずそのまま頭を下げていました。

きっとこの時から久堂清霞の中では、今までの女性たちとはどこか違うと興味を持ったのかもしれません。

美世との婚約について

自身が無能だと知ればきっとこの家から追い出され、結婚の話もなしになる。

そう考えていた斎森美世ですが、久堂清霞の思いは全く別でした。

 

そもそも良家の令嬢らしくない斎森美世の言動に違和感を覚えた久堂清霞はこっそり斎森家の内情を探ります。

すると斎森美世は無能でそれゆえ数々の虐待を受けてきたことの事実を知ることに。

 

ですが働き者で心優しく、一緒にいて心地の良さを感じる斎森美世を久堂清霞が手放すわけもなく。

後日単身で斎森家を訪れ、全て知った上で斎森美世と正式に婚約する旨を伝えました。

 

そして久堂清霞が斎森美世の父親に対し、「美世への虐待について誠心誠意の謝罪をする事」を条件に結納金増額を提示。

あのシーンは心しびれましたね。

悔しそうな顔をする父親と母親の顔に、恐らく全ての読者が心すっきりしたのではないでしょうか。

「私の幸せな結婚」清霞の家や聖地について

映画のロケ地となった近畿地方で、今ファンによる「聖地巡礼」は流行っているのをご存じでしょうか。

久堂清霞の家や斎森家、久堂清霞と斎森美世が初デートをした場所。

どれも明治・大正を感じられ、日本人ならなぜかほっとしてしまいますよね。

聖地というのは物語をより深く理解し、登場人物たちの気持ちを味わえる貴重な場所。

ぜひ一度は訪れてみたいですね。

 

ちなみに久堂清霞の家のロケ地は京都府舞鶴市の東郷邸。

日露戦争の連合艦隊司令長官だった東郷平八郎が、過ごした場所として知られており、まさに久堂清霞にはぴったりの場所ではないでしょうか

まとめ

今回は私の幸せな結婚清霞の異能や能力・部下は?美世との関係や家について解説していきました。

誰もが一度は恋に落ちてしまうほど見た目も中身もカッコよさ満点の久堂清霞。

冷たく無表情も良いですが、時折見せる頬を赤らめた顔も最高ですよね。

部下の五道佳斗とのやり取りもかなり面白いので、こちらも必見です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント