ルキアンの年棒はジュビロ磐田でトップクラス!プロフィールも紹介

2019年7月にタイのチョンブリーFCからブラジル人FWルキアンが完全移籍でジュビロ磐田に加入しました。

ルキアン選手加入時の2019年シーズンは、最下位に沈むジュビロ磐田の救世主として加入し、活躍が期待されましたがジュビロ磐田は2度目のJ2降格となってしまいました。

ルキアン選手も13試合出場1得点1アシストと思うような結果を残せませんでした。

2020年をJ2リーグで戦うジュビロ磐田にとってルキアン選手の活躍なくしてJ1昇格は果たせません。

そこで「ルキアン年俸はジュビロ磐田トップクラス プロフィール紹介」と題しまして伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ルキアン選手のプロフィール


名前:ルキアン・アラウージョ
本名:ルキアン・アラウージョ・デ・アルメイダ
愛称:ルキ
国籍:ブラジル
出身地:リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
生年月日:1991年9月21日
年齢:29歳(2020年9月現在)
身長:183cm
体重:77kg
ポジション:FW
利き足:右
背番号:11
既婚/未婚:既婚
兄弟構成:一人っ子
自分の武器:パワー
スパイクメーカー:ナイキ
子供の頃憧れていた選手:ロナウド(ブラジル代表)

今までのチームについて

2011-2013 ノヴァ・イグアスFC(ブラジル)
2013 リオ・ブランコES(ブラジル)
2013 ノヴァ・イグアス(ブラジル)
2014 リオ・ブランコES(ブラジル)
2014 サンタクルスFC(ブラジル)
2015 ルヴェルデンセES(ブラジル)
2015-2016 富川FC1995(韓国)
2017 釜山アイパーク(韓国)
2017 FC安養(韓国)レンタル
2018 パタヤ・ユナイテッドFC(タイ)
2019 チョンブリーFC(タイ)
2019ー ジュビロ磐田

ブラジル時代ではノヴァ・イグアス時のシーズン3点が最高とあまり結果を残せてません。

しかしアジアでの成績は富川FC1995では60試合19得点。

パタヤ・ユナイテッドFCでは32試合18得点。

チョンブリーFCでは14試合11得点と確実に成績を伸ばしています。

Jリーグにもすぐに慣れて結果を残してほしいです。

ルキアン選手のプレースタイル


 

ルキアン選手のプレースタイルは、ルキアン選手も自身の武器と言ってるようにパワーのあるプレーです。

ペナルティーエリア内やペナルティー付近で、相手を背負ってのポストプレーや反転してのシュートは、一番のチャンスになっています。

強靭なフィジカルがあるので、ルキアン選手にボックス付近でキープされると相手選手もかなり大変だと思います。

183cmと大きいですが、スピードもあります。

足元でもらって細かいプレーではなく、スペースにボールを蹴ってスピードで相手を振り切ります。

2020年シーズンではサイドでパスを受けるシーンも増えています。正直ルキアン選手には中央でプレーしてほしいなと思っていますが、前を向いてプレーしたいとコメントしていました。

前を向いてプレーしたいためにサイドでパスを受けているようです。サイドで受けてもうまいんですよ。

左サイドで受けてカットインしてからのシュートもうまいですね。

2020年J2リーグ第4節レノファ山口戦では、リーグ戦初得点を含む2得点の活躍。

1点目の反応の速さも素晴らしいのですが、特に2点目はカウンターになり左サイドでボールを受けて約50メートルを1人で運び、ディフェンスを抜き最後は冷静にゴールを決めました。

チームにとって本当に助けになるプレーです。

2020年J2リーグ20節終了時点で9得点でチームトップの記録です。リーグ全体でも3位の記録です。

得点の内訳は右足で7点。ヘディングで2点です。

ルキアン選手はシュート技術も高いです。得意なのはやはり右足でのシュートです。あまり左足でのシュートは見ないですね。

ルキアン選手のヘアースタイル

イケメンのルキアン選手。ヘアースタイルも毎試合キマってるな~と思って調べていたら行きつけの美容室があったので紹介します。

磐田市にある「Barbershop ミッチェル」

ジュビロ磐田の選手行きつけのようで、ルリーニャ選手や元ジュビロ磐田の川又選手、大久保選手、田口選手も利用されていました。

カッコいいですね!イケメンだからできる髪型って感じです。

ルキアン選手の年俸は?

ルキアン選手の年俸ですが、2019年、チョンブリーFC(タイ)での年俸が3200~3500万円でした。

結果も残していたチョンブリーFCでの契約更新を辞退してジュビロ磐田に移籍していることから、ジュビロ磐田での年俸は4000~5000万円と思われます。

ジュビロ磐田の最高年俸はキャプテンの大井健太郎選手の5000万円です。

ジュビロ磐田のトップクラスの年俸です。ルキアン選手への期待が表れていますね。

J2リーグでの平均年俸は約400万円です。

J1リーグでの平均年俸は3446万円です。J1とJ2での差がすごいですね。

Jリーグトップの年俸の選手はヴィッセル神戸のイニエスタ選手で32億5000万円です。まさに破格の年俸です。

2位は同じくヴィッセル神戸のトーマス・フェルマーレン選手の5億円。これもすごいです。

年俸が1億円を超える選手はリーグ全体で22人しかいません。

まとめ

「ルキアン年棒はジュビロ磐田でトップクラス プロフィール紹介」と題して伝えてきましたが、ルキアン選手の年俸はジュビロ磐田でトップクラスです。

チーム、サポーターからしても活躍してくれないと困りますよね。

プレースタイルはパワーをもってゴールへ迫るプレーです。

2020年J2リーグも20節終了時点、ルキアン選手は9得点でチームトップのゴール数です。

ジュビロ磐田の順位は7位と苦しんでいますが、まだまだJ1昇格の可能性は十分あるのでルキアン選手のゴールでチームをJ1へ昇格させてほしいです。

今後のの活躍に本当に期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました