離乳食後期~完了期にオススメ 手づかみ食べできる 栄養満点納豆ご飯

離乳食後期(生後9~7ヵ月)頃になると手づかみ食べをしたがる子もいると思います。
我が子はみんなよく食べる子だったので、早く食べたくて手が出て散らかることがよくありました。末っ子はまだ1歳半なので、散らかし放題真っ最中!

洋服も床もご飯粒だらけで後片づけが大変ってことはないですか?
特に納豆をあげたときはいろんなところがヌルヌル・・・。

今回はママと赤ちゃんが、お互いハッピーになれるレシピを紹介します。

スポンサーリンク

納豆栄養素

納豆にはタンパク質、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維、カルシウムビタミンB2、B6、Eなたくさんの栄養素が含まれています。

納豆は加熱すると栄養が損なわれるといわれていますが、熱に弱いのはナットウキナーゼなどの活性酵素であり、酵素以外のタンパク質や食物繊維、ビタミンなどは加熱しても問題ありません。

納豆は独特のにおいがあるので苦手な子もいると思います。うちの子も納豆だけは苦手で食べてくれないときがありました。ですが今回紹介するレシピだとパクパク食べてくれます。

加熱することで臭みも減り食べやすくなるので、納豆が苦手な子に是非作ってあげてみてください。このレシピで納豆嫌いを克服して、その後加熱していない栄養満点の納豆をみんなで食べましょう。

材料

・ご飯orそうめん      1食分
・納豆           1/3パック
・卵            1/2~1個
・しょうゆ         少々
・お好みで青のり、ネギなど 少々

作り方

①小さいボール等に納豆、卵を入れ混ぜます。

②①へご飯orそうめんを入れ混ぜます。お好みで青のりなども入れます。

③フライパンを弱火にかけ②を入れフタをして5.6分程焼きます。
(必要に応じて油を少量ひいてください)


3色そうめんバージョン

ご飯のときは、スプーンで一口サイズにして焼くのがオススメです。

④ひっくり返して再度ふたをして弱火で5.6分程火を入れます。


ごはんバージョン

⑤卵にしっかり火が通ったことを確認します。
そうめんのときは焼き上がり後一口サイズに切って完成!


そうめん


ごはん(青のり入り)

卵の量は離乳食の進み具合や月齢に合わせて調節してください。

アレンジ

ご飯やそうめんの代わりに「小麦粉大さじ3、キャベツ適量、鰹節など」を入れてお好み焼き風にして焼くのもオススメです。

青のりやネギ以外にも、しらすや鰹節など家にある材料でなんでもアレンジがきくので色々試してみてください。

 

朝仕事に行く前でも、混ぜて焼くだけなので簡単に作ることができます。散らかることなく子供のペースで食べさせることができるので、私は朝作ることが多いです。あと出かけるときにもよく持って行きます。

スプーンが上手に使えるようになるまでは、食事の時散らかってイライラすることもあると思います。私もそうでした。
散らかしにくい料理を作ることで、お互いが楽しく食事ができます。

食べさせる時間がないときや、お出かけするときに是非作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました