ヴァニタスの手記・ノエの先生の正体や目的は?顔がない理由やラスボス・黒幕か考察!

「ヴァニタスの手記」の物語には謎の多いキャラクターが何人もいます。

その中でも最も謎に包まれているのが、「ノエの先生」。

名前すら定かではないですが、重要な人物であることは疑いようがありません。

今回は、そんなノエの「先生」に注目していきたいと思います。

ノエの先生の正体や目的、先生は黒幕なのか、考察も交えつつまとめていきます!

スポンサーリンク

「ヴァニタスの手記」ノエの先生の正体や目的は?

多くの謎に包まれている、ノエの「先生」。

「貌(かたち)持たざる者」と呼ばれているなど、わずかな情報は出てきても、それ自体がなにを意味しているのかが掴みにくい存在です。

まずはそんな「先生」について、これまでにわかっている情報をまとめていきます。

ノエと先生の出会いから、その目的、顔がない理由について見ていきましょう。

 

こちらから「ヴァニタスの手記」の漫画がお得に読めます!
ヴァニタスの手記の漫画が安く読めるアプリやサイトは?無料で読む方法についても

ノエと先生の出会い

幼少期のノエは両親がおらず、人間の老夫婦に育てられます。

やがて老夫婦が亡くなってしまうと、ノエは天涯孤独となり、攫われ、闇市で売られてしまいます。

そんなノエを買ったのが、ノエの「先生」です。

 

ノエは最初は”ご主人様”と呼んでいましたが、先生と呼ぶように言われたため、ノエは「先生」と呼ぶようになります。

先生はノエを自らの孫であるルイらと引き合わせて、吸血鬼の住む世界アルタスで過ごすことになりました。

先生の目的や狙いは何?

先生の目的や狙いは、明言されてはいません。

しかし、「ヴァニタスの手記」の物語のはじまりは、ノエがパリに向かうところです。

このときノエがパリに向かうことになったのは、先生から「ヴァニタスの書の正体を見極めろ」との手紙が届いたためです。

さらに、ノエに対して”ノエがヴァニタスの書に触れ、それをどう定義するのかが知りたい”、という内容を伝えてきます。

その言葉を受けたこともあり、ノエはヴァニタスと共に旅をすることになるわけですが、先生の言葉はまるでヴァニタスの書がどんなものであるのか知っているかのように感じられますよね。

さらに、ノエがそれに触れてなにかを考えている様子を観察したい、と言っているようにも見えます。

 

ノエは元々、滅んでしまった「血を暴く牙(アルシヴィスト)」の末裔です。

もしかすると、そのことも何か関係があるのかもしれません。

「血を暴く牙(アルシヴィスト)」の末裔がヴァニタスの書に触れたとき、どんな反応が起きるのか。

そんな実験をしているかのようにも思えてくるのです。

 

過去で先生は、呪持ちである自らの養子(孫)をそばに置き、わざと傷つけるようなことをしてその反応を観察する、実験のようなことを行っていました。

ノエに対する指示も、先生による実験のひとつなのかもしれません。

そしてそれは、自らの養子(孫)すら実験のように使った先生が考えていることであるだけに、ノエにとって残酷なことである可能性もあるのです。

ノエの先生に顔がない理由

ノエの先生に顔がない理由もまた、ハッキリとしてはいません。

ただ、誰も年齢も分からないほど長く存在しており、姿や名前を何度も変えているようです。

 

「先生」は顔がない、というより、「先生」には決まった顔がないという意味でも捉えられますよね。

ちなみに、何度も姿や名前を変えていますが、名前を呼び間違えた者をその場でボコボコにしてしまうようなところもあるようです。

先生はラスボスで黒幕なのか考察

謎の多い「先生」。

しかし、物語のはじまり、ノエの旅立ちのきっかけを作った人物であることには間違いありません。

そして、ノエがヴァニタスとの旅でどう動くのかを観察して、楽しんでいるようにも見えます。

そんな先生は、この物語のラスボスで、黒幕なのでしょうか?

また、今後どのような動きを見せるのか、考察してみます。

先生とルスヴンの関係

先生とルスヴン卿がどういう関係なのかも謎です。

ただ、ノエとルスヴン卿の二人で「先生」について話すシーンがあり、ルスヴン卿も「先生」とは面識があるようですね。

また、ルスヴン卿によると「先生」は誰よりも早く女王陛下に仕えました。

ルスヴン卿も女王陛下に仕えているので、浅からぬ縁があるのかもしれません。

しかし「先生」の方はルスヴン卿を嫌っています。

 

関連記事:ヴァニタスの手記・ルスヴン卿の誓いの能力や目的は?ノエを操る黒幕・敵か考察!

先生が今後どのように登場してくるのか考察

この物語の冒頭では、ノエが語るかたちで、「彼(ヴァニタス)をこの手で殺すまでの物語」と書かれています。

先述のように、ヴァニタスとノエが一緒に旅をすることになったきっかけは「先生」にあります。

また、「先生」はノエの行動を観察し、実験をしているようです。

ということは、「ヴァニタスの手記」の結末には間違いなく「先生」の存在が絡んでくることになるでしょう。

 

ルスヴン卿は過去に人間から裏切られたことにより、現在の人間と吸血鬼の均衡を崩そうと暗躍しているようです。

しかし、それすらも「先生」の実験だという可能性もあるのではないでしょうか。

年齢が分からないほど長く活動し、姿や名前を何度も変えているということですから、過去の回想に登場する人物の正体は「先生」だった、という展開も考えられます。

どうなるか分かりませんが、伏線の多い物語ですから、既にそのヒントは隠されているのかもしれませんね。

 

こちらから「ヴァニタスの手記」の漫画がお得に読めます!
ヴァニタスの手記の漫画が安く読めるアプリやサイトは?無料で読む方法についても

まとめ

『ヴァニタスの手記・ノエの先生の正体や目的は?顔がない理由やラスボス・黒幕か考察!』と題して書いていきました。

謎多き存在、ノエの「先生」。

アニメの方では「先生」役は声優の石田彰さんが担当されています。

配役にも、ミステリアスかつ重要なキャラクターであることが表れているようですね。

アニメの展開も、原作の展開も、一瞬も見過ごせませんね!

ノエとヴァニタスの旅が、どのような結末に向かって進んでいくのか、一緒に見届けましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

「ヴァニタスの手記」の記事一覧

ヴァニタスの手記・ネーニアとは?黒い影の正体や目的・ノエの真名が奪われるのか考察!

ヴァニタスの手記・アニメのサブタイトル右下の文字・カタカナの謎について考察!

ヴァニタスの手記・ベートの正体や目的は?クロエとジャンジャックの関係についても

ヴァニタスの手記・ルキウスの兄・ロキの正体は?ルカとジャンヌの関係についても

ヴァニタスの手記・女王陛下ファウスティナは呪い持ち?双子の姉妹なのか考察!

ヴァニタスの手記・ジャンヌの正体は呪い持ち?強さや過去について解説!

ヴァニタスの手記・ルスヴン卿の誓いの能力や目的は?ノエを操る黒幕・敵か考察!

ヴァニタスの手記・ジャンヌとヴァニタスの関係は?最後は死亡するのか考察!

ヴァニタスの手記・アストルフォの過去や性別は?ローランとの関係についても

ヴァニタスの手記・蒼月の吸血鬼ルーナの正体は?ヴァニタス右腕のマークについても

ヴァニタスの手記・ノエの先生の正体や目的は?顔がない理由やラスボス・黒幕か考察!

ヴァニタスの手記・ドミニクの幼少期やノエ・ルイとの関係は?死亡するのかも考察!

ヴァニタスの手記・ドクターモローの正体や目的は?ルスヴンとの関係についても

ヴァニタスの手記のアニメはひどいしつまらない?面白くない評価やパクリの評判は?

ヴァニタスの手記・シャルラタンの正体は?パレードと呪い持ちの関係について

ヴァニタスの手記・ノエの好きな人はジャンヌ・ドミニク?出会いや関係についても

ヴァニタスの手記・71ミハイルの正体や性別は?モローの実験台だった過去についても

ヴァニタスの手記・ヴァニタスは死亡?正体や過去・蒼月の吸血鬼との出会いについても

ヴァニタスの手記・女王の牙とは?ビスティアのベロニカとロキについて

ヴァニタスの手記・マキナ侯爵の正体や目的は?ガノについても考察!

コメント

タイトルとURLをコピーしました