映画【キャラクター】ラストの結末をあらすじから考察!小説と漫画の違いは?

2021年6月11日(金)公開予定の映画「キャラクター」

売れない漫画家と殺人犯が出会いストーリーが進んでいく、ダークエンターテイメント。

なんと「キャラクター」は小説と漫画と映画でラストの結末が違うんです!

原案・脚本の長崎尚志さんが10年を費やしたオリジナルストーリーで、3パターンの結末を楽しむことができます。

今回は映画「キャラクター」のラストの結末をあらすじから考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画「キャラクター」あらすじ

まずは、映画「キャラクター」のあらすじについてです。

漫画家「山城圭吾」について

漫画家として売れることを夢見る主人公の山城圭吾(菅田将暉)。

絵は抜群だけど、お人好しすぎる性格のためにリアリティーのある悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていました。

美しき異常者「両角」との出会い

山城は、師匠の依頼で「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチに出かけます。

住宅街の中に不思議な魅力を感じる一軒家を見つけ、ふとしたことから中に足を踏み入れてしまう。

そこで山城が目撃したのは、見るも無惨な姿になり果てた4人家族。そして彼らの前に佇む1人の男。それが両角(深瀬)との出会いだった。

第一発見者となった山城は警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」とウソをつきます。

山城が描いた事件が再現される

両角と目があってから、主人公「ダガー」というキャラクターが浮かび、サスペンス漫画「34(さんじゅうし)」を描き始めます。

山城に欠けていた本物の「悪」を描いた漫画は異例の大ヒット!

山城は売れっ子漫画家となり、恋人の夏美(高畑充希)と結婚。順風満帆な生活を手に入れた。

しかし、漫画「34」で描かれた、4人家族が次々と狙われる事件が現実となり続いていく。

刑事の清田俊介(小栗旬)は、あまりにも漫画の内容と事件が似ていることを不審に思い、山城に目をつける。

両角との再会

そんな中、山城の目の前に両角が姿を現します。

「両角って言います。先生が描いたもの、リアルに再現しておきましたから。」

「僕ね、良いストーリーを思いついちゃったんです」

交わってしまった2人。山城を待ち受ける結末とは?


 

小説「キャラクター」と漫画「キャラクター」のラストの違いは?

映画「キャラクター」は小説版と漫画版が発売されています。

登場人物や冒頭のお話は、映画、小説、漫画ともに同じようです。

中盤からラストにかけての展開が全て違う内容になっている「キャラクター」

小説のラストと漫画のラストの違いについて紹介していきます。

関連記事:映画キャラクターに原作本や漫画はある?小説版とマンガ版の発売日や内容についても

小説版のラストについて

小説版のラストは両角の死です。

山城は両角の犯行を止めるために、「34」を休刊。

罪に問われる覚悟で刑事の清田に全てを打ち明け、両角を捕まえる方法を考えます。

両角の狙いは、仲のいい4人家族。

山城家も4人家族で狙われると思い先読みをしていましたが、両角は気付いていました。仮面夫婦の4人家族だと。

実は父親の浮気が原因で夫婦仲は冷め切っていました。

両角の狙いは山城と山城の元カノの夏美です。

夏美は妊娠中ですが、山城に別れを切り出し1人で子供を産もうとしています。

山城は夏美のことがまだ好きで復縁したいと考えていました。

夏美は双子を妊娠中なので、山城と夏美、お腹の中の双子を合わせると、両角が狙う4人家族。

両角の狙いは夏美だったのです。

結論から言うと両角を殺したのは、清田です。

清田が弾丸を放ち、両角は死亡。

夏美を守るために、山城は両角とキャラクターが入れ替わったかのようになってしまいました。

清田と目が合い山城は正気に戻った。

そして両角のキャラクターは清田に入り込んだのだ。

一歩間違えば、山城が両角を殺していたかもしれません。

漫画版のラストについて

漫画版のラストも両角の死です。

ただ両角を殺したのは辺見。

漫画版では山城と夏美は結婚しています。

最後に夏美を襲うのも、両角ではなく辺見です。

辺見は自分がダガー(主役)になるために、両角を裏切りました。

そして両角のキャラクターが辺見に入り込んだのだ。

漫画では小説みたいな伏線は少なくあっさりとしています。

映画「キャラクター」ラストの結末を考察

まだ公開前なので予想になりますが、両角の死は考えられますね。

両角のキャラクターが誰にどう乗り移るのかが見どころではないでしょうか。

登場人物や冒頭部分は同じなので、山城と夏美、双子の胎児が狙われてしまうのか。

山城の実家で、山城と夏美が玄関に向かうシーンもあるようなので中盤くらいまでは、同じようなストーリーになっていそうですね。

両角を殺すのは誰なのか。

個人的には中村獅童さんが演じる、清田の上司・真壁が気になります!

違う結末を想像するとなると、両角のキャラクターが真壁に入り込む・・・?

ラストはハッピーエンドで終わって欲しいです。

まとめ

『映画【キャラクター】ラストの結末をあらすじから考察!小説と漫画の違いは?』と題して書いていきました。

映画、小説、漫画でラストの結末が違う「キャラクター」

「キャラクター」というタイトルがぴったりあっている、人として色々考えさせられる映画になっていると思われます。

公開まで楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事:映画【キャラクター】劇中漫画34の漫画家は誰?Fukaseの油絵作者についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました