映画キャラクターに原作本や漫画はある?小説版とマンガ版の発売日や内容についても

2021年6月11日公開予定の映画「キャラクター」

菅田将暉さんとセカオワのFukaseさんが出演ということで話題となっていますね。

そんな注目の映画「キャラクター」、原作の本や漫画はあるのでしょうか。

小説版とマンガ版が発売されるようなので、発売日や内容について紹介していきます。

スポンサーリンク

映画「キャラクター」に原作本や漫画はある?

映画「キャラクター」に原作本や漫画はあるのでしょうか。

調査していきます。

原作本について

結論からいうと、原作本はありません。

原案・脚本は長崎尚志さん。構想10年を費やした完全オリジナルストーリーとなっています。

最初の原案の主人公は女刑事だったそうです。

手直しを加え続けていたけど、プロジェクト自体がなかなか進まず、そろそろ小説にでも切り替えようと考えていた矢先、本気で映画化を考えるとの連絡があったようです。

映画化が実現されてなければ、小説が発売されていたようですね。

映画「キャラクター」の実現に10年を費やしたのも納得の大作となっています!

原作漫画について

原作の漫画はありません。

先ほどもお伝えした通り、長崎尚志さんが映画の実現に10年を費やした、オリジナルストーリーです。

菅田将暉さんが演じる漫画家、山城圭吾の作品「34(さんじゅうし)」もオリジナル作品となっています。

「キャラクター」漫画と小説の内容や発売日はいつ?

映画の公開に合わせて「キャラクター漫画版」と「キャラクター小説版」が発売される事が分かりました。

映画「キャラクター」は企画段階でさまざまな映画監督の間を行きつ戻りつして、映画実現までに約10年を費やした作品。

書いたシナリオはなんと20稿!

映画・小説・漫画は、それぞれ異なった結末になっているようです。

小説・ノベライズ版「キャラクター」

ノベライズ版は映画の原案者であり、脚本を手掛けた長崎尚志さん自ら執筆。

20稿の中からどれが映画版と同じくらい面白いか担当編集者に吟味してもらい、選ばれた第12稿をもとに創作されています。

冒頭はほぼ映画版と同じ流れのようですが、中盤からは大きく変わり、終盤からは全く異なる展開になっているようです。

小説・ノベライズ版「キャラクター」は、2021年5月7日(金)に発売。

小説もマンガも、登場人物、キャラクター、人間関係は全て映画と同じようなので、どの作品から観ても楽しめそうですね!

マンガ・コミカライズ版「キャラクター」

コミカライズ版「キャラクター」は「月間!スピリッツ」にて短期集中連載。

2021年3月27日(土)発売の5月号からすでに連載が始まっています。

単行本は2021年5月28日(金)に刊行されます。

マンガ版「キャラクター」は、長崎尚志さんが映画のシナリオをマンガ家のいわや晃さんに渡し、「好きなように変えていいですから」とお願いしたようです。

映画版と同じではつまらないと、ラストは驚愕の展開に!

こちらも面白そうですね!

関連記事:映画【キャラクター】ラストの結末をあらすじから考察!小説と漫画の違いは?

まとめ

『映画キャラクターに原作本や漫画はある?小説版とマンガ版の発売日や内容についても』と題して書いていきました。

原作の本や漫画はありませんでしたが、映画の公開に合わせて小説版とマンガ版が発売されますね。

小説もマンガも登場人物、キャラクター、人間関係まで映画と同じなのに、展開や結末が違います。

考えただけで面白そう!

映画の公開前に小説やマンガが発売されるので、そちらを読んでから映画を観ると、より映画を楽しめそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:映画【キャラクター】劇中漫画34の漫画家は誰?Fukaseの油絵作者についても

コメント

タイトルとURLをコピーしました