地獄楽の殊現(しゅげん)の最後は死亡?タオや能力・強さについても

2023年4月からアニメとして放送される事になっている地獄楽。

今回は山田浅ェ門(やまだあさえもん)の名を継いでいる者達の中でも屈指の実力者である山田浅ェ門殊現(しゅげん)について解説します。

行き過ぎるくらいの正義感と作中の登場人物の中でも屈指の強さを誇る殊現ですが、最後には死亡してしまうのではないかと言う声があります。

更に殊現の強さやタオ、能力についても解説していきます。

「地獄楽」殊現(しゅげん)の最後は死亡?

まずは殊現が最後に死亡するのか解説していきます。

果たして、本当に死亡するのでしょうか!?

殊現は蓮(リエン)に敗北

結論から言いますと、殊現は蓮(リエン)との最終決戦で敗北しました。

殊現は初登場して島から上陸してから、殆どと言っていいくらいダメージを受けずに戦いに勝利してきたのです。

 

リエンとの戦いでも最初は互角でしたが、本気を出し始めたリエンに敗北してしまいました。

殊現の最終決戦について

ここからは殊現の最終決戦について解説していきます。

殊現はリエンが乗っている日本へ出航する船に乗り込み、彼女と戦う事になりました。

 

殊現のタオはリエンのタオとは相性が悪かったので状況的に不利でしたが、殊現は殊現にしかない能力を使って戦っていきます。

次第に追い詰めていくもリエンは本気を出し始め、殊現の右腕を切断して倒したのです。

 

リエンは倒したと思って去りましたが、殊現は事前に仙薬を飲んでおり、ある程度回復できたので何とか立ち上がりました。

そして民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)の叱咤を受けながら右腕の血止めを行い、左腕で刀を振れるようにしたのです。

 

それから追いついてきた画眉丸(がびまる)達と呉越同舟と言う事でリエン相手に立ち回るも、リエンの力の前に圧倒されていきます。

次第にかなりボロボロになってしまうも、仙薬の影響で何とか立っていられたのです。

 

そして多くの者達が倒れ、命を落としてしまった事で心が折れた山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)を逃げるように促しつつ戦い続けました。

殊現は最後死亡する

やがてダメージを負い過ぎた殊現は最後に死亡することになりました。

 

画眉丸は、リエンの目的は徐福(じょふく)の復活なので徐福の遺体を破壊してリエンを敢え、激怒させてタオを乱れさせようとします。

そして徐福の遺体がある場所に侵入するも、彼の遺体や周囲にある物を見て、自分と結を重ねて躊躇してしまったのです。

 

そんな中、殊現が現れ渾身の力で徐福の遺体を切り裂き、その影響で動揺したリエンを佐切が斬り捨てた事で勝利。

しかし、タオを大幅に使い切ったせいで、命を落としてしまったのです。

「地獄楽」殊現(しゅげん)のタオや能力・強さについて


次は殊現のタオや能力、強さについて解説します。

果たして、どんなタオを司っていて、どんな能力や強さを持っているのでしょうか。

殊現のタオの属性

殊現のタオの属性は水です。

水は木のタオの持つ者と触れ合えば、木のタオを持つ者を回復する事が出来ます。

 

土のタオを持つ者とは相性が悪いので、ダメージを与える事は出来ず、逆にダメージを受けてしまうのです。

殊現の能力は試一刀流随一

殊現の能力は試一刀流随一です。

どの山田浅ェ門も一芸に秀でた能力を持っていて、その能力を駆使すれば強い敵相手に渡り合う事が出来ます。

 

そして殊現はどの山田浅ェ門も凌駕する実力があり、基礎戦闘力や山田浅ェ門を背負う覚悟も相成って強いのです。

しかも山田浅ェ門士遠(やまだあさえもんしおん)と同じように、本来は目に見えないタオを見る事が出来ます。

殊現の強さ・能力は山田家の動きを模倣する

そして殊現の真骨頂は山田家の者達の動きを模倣し、己の武器に出来る事です。

しかもただ模倣するだけじゃなく、模倣した相手の技の欠点を消してオリジナルよりも上回る威力を発揮します。

例えば、山田浅ェ門源嗣(やまだあさえもんげんじ)の剣は中指から小指にかけて筋が硬く、手首も巻き込み過ぎている分、強力な剛の剣へと変貌するも、緩急が足りません。

そんな源嗣の剣を殊現が真似してしまえば、彼に足りなかった緩急が加わり、威力も通常以上となるのです。

 

しかも模倣するのは他人の技だけじゃなく、タオまでも模倣できます。

本来の殊現のタオは水ですが、模倣した相手次第で火、木、金、土のタオを得る事も可能。

 

そのため、苦手なタオの持ち主が相手でも戦う事が出来るのです。

ただ殊現が模倣できるのはただ単に基礎戦闘力が高いとか、天才とかからではなく山田家の者達から何かを学ぼうとする姿勢があったからでしょう。

 

殊現は能力こそ他の者達より秀でていましたが、それに奢る事なく他者からも学ぼうと言う姿勢がありました。

その姿勢があったからこそ、技の模倣が出来て、己の実力も磨けたんじゃないでしょうか。

 

 

まとめ

以上が殊現が最後には死亡してしまうのではないか、強さやタオ、能力についてでした。

山田家の事を想い、圧倒的実力を持ち、行き過ぎた正義感を持っていた殊現でしたが、死ぬには実に惜しい人物でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「地獄楽」の記事一覧

地獄楽の漫画を全巻安く読む方法は?無料で読めるアプリやサイトについても

地獄楽は怖いしつまらない?アニメ中止や遅い・打切り理由についても

地獄楽天仙の死亡や正体は?名前や蓮・性別・氣の属性についても

地獄楽佐切と画眉丸の最後は?初恋や死亡・年齢・身長についても

地獄楽の殊現(しゅげん)の最後は死亡?タオや能力・強さについても

地獄楽メイの正体や最後は死亡?最終回・最終話のラストや村についても

地獄楽の結は死亡していない?最終回での再会・年齢について

地獄楽・弔兵衛(ちょうべい)の最後は死亡?桐馬やリエンとの関係について

地獄楽の杠(ゆずりは)は生きてた?死亡や復活・佐切との関係とは

地獄楽士遠(しおん)は死亡?ヌルイガイとの関係や年齢・強さについても

地獄楽付知(ふち)の死亡は何巻・何話?サイコパスや強さについても

コメント