2020年 Jリーグ昇格降格はあるの?サッカー観戦の楽しみ方を紹介

2020年はコロナウイルスの影響で変更点がいくつかあります。

2020年Jリーグの現状と、もっと楽しくサッカーを見る方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

2020年Jリーグの現状

コロナウイルスの影響により変更点があります。
J1、J2ともに降格なし。ただし、J2、J3の上位2チームの昇格はあり。
J1プレーオフもなし。
観戦に関しては8月末までは、上限5000人。声を出してのチャントや大きい横断幕の使用も禁止です。

個人的な意見ですが、降格に関して1チームは自動降格があっても良かったのでは、と思っています。どうしても日程的に厳しいチームがでます。アウェイが続く、準備期間が少ないなどありますが、降格する、しない、の最後の試合はハラハラドキドキもありますが、見ていて選手の気迫も違って見えます。
現に海外のリーグでは通常通りの昇格、降格が行われています。

もっと楽しくサッカーを見る方法

あまりサッカー詳しくない人でも観方を少し変えるだけで楽しく観戦出来ます。

すごいシュートが決まる、ドリブルで何人も抜く。このようなプレーは分かりやすいと思います。

まず見てほしいプレーがパスです。

テレビで見ているとフリーの選手も分かりやすいと思いますが、実際にでプレーすると本当に難しいです。フリーの味方を見つけ正確にパス出来るのはいい選手です。

パスにも色々な種類があります。パスを受ける選手がシュートを打ちやすいようにパスしたり、その選手が右利きか左利きかでも変わります。
パスのスピードが速すぎても受け取りにくいし、遅すぎても相手に取られてしまいます。状況に合わせたパスが必要です。

テレビで見て選手がどこにパスをするか予想して見てみましょう。

 

次にフォーメーションについてです。

フォーメーションは「2」や「52」のように表します。
これは「ディフェンスミッドフィルダーフォワード」の人数です。ゴールキーパーは入れません。

例えば「」であればディフェンス、ミッドフィルダーの人数が多いので、守備的になります。
」であればミッドフィルダー、フォワードの人数が多いので攻撃的になります。

試合を見ながらフォーメーションを理解するのは難しく感じる方もいるかと思いますが・・・

・ディフェンスは3、4、5人のどれか
・ミッドフィルダーも3,4,5人のどれか
・フォワードは1、2,3人のどれか

この組み合わせを変えているだけです。

自分たちのフォーメーションと相手のフォーメーションの人数のずれている箇所をうまく利用して攻めや守りをします。

同じフォーメーションでの試合をミラーゲームと言い、人数のずれがなくマッチアップする相手が決まるので、ガチンコの戦いもおもしろいです。

 

サッカーはゴール以外にも魅力がたくさんあります。次にサッカーを見る際に少しでも気にして見てもらえたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました